台湾に来たばかりの人、台湾に長年住んでいる金欠の日本人は要注意!路上で紅包(ホンバオ)を見つけたら…




どうも、台南生活4年目に入りました、カレー屋してます大西です。

 

紅包(ホンバオ)を見たことがありますか?

 

 

「台湾の道ばたに紅包(ホンバオ)が落ちていても拾ってはいけないよ」

 

 

 

台湾移住当初、妻の家族たちから厳しくそう言われ、金欠なんだけどなぁと思いながらも泣く泣く承諾。

 

その赤い封筒の正体は、紅包(ホンバオ)と呼ばれ、台湾では結婚式などのおめでたい時や、入退院の時など、日本でいう「お祝い金」や「お見舞金」などを、入れて渡す時に使う「赤い封筒」です。

「台湾人が好きな単語ナンバー1」に君臨する「ホンバオ」。

 

ホンバオを知っている人ならだれでも、その赤いのが見た途端、「ウキウキ」がとまらないはずです。

 

がしかし、それを、もし偶然「道端」で発見してしまった時には……

<スポンサードリンク>




 

 

 



 

 

「冥婚」(めいこん)

 

 

 

 

 

実はその、路上に落ちているホンバオ。

 

拾った男性は「亡くなった女性と結婚させられる」、と言われています。

 

「えっ、なくなったじょせいとけっこん」

 

なんかちょっと鳥肌が……

 

そう、そうなんです。台湾の漢族は家父長制度の下では、未婚の娘は一族を祭る祠堂には祭ることができないとされています。

 

なぜならば、両親がこの世を去って、代替わりすれば一族として子孫の供養が受けられないので、

特別な祭祀を行わなければ悪霊になったり、家族に不利益をもたらすと信じられているからなんです。

また、若くて死んだ女性をかわいそうに思う気持ちもあります。

「冥婚」には、生きている男性と結婚して、亡くなった娘を嫁がせるのが家族のためにも、娘のためにもなるという考えが反映されています。

 

そして、その赤い封筒(ホンバオ)には、お金や、若い娘の写真、生年月日が書いた紙、髪の毛などが入っていることもあります。これらの品には男女の契りという意味も込められています。

 

「その亡くなった女性」との結婚式では、女性の位牌や遺骨が入っている香炉と結婚するのが一般的だと言われています。

冥婚の儀式も、規模はやや小さくなりますが、内容はほぼ一般の結婚式と同じ。

また、一般の結婚式は午前から行われるのに対し、冥婚は午後です。双方の両親や家族が出席し、結婚を祝います。冥婚した後も、毎年新年(旧正月の1月2日)に、夫が「妻」の実家に訪れ、「帰省」します。

※台湾では結婚後、旧正月の二日目は旦那方が嫁方の実家に帰省し、嫁方の家族と一緒に食卓を囲みます。

 

冥婚の相手の男性にもメリットはあるみたいです。
お金がなくて結婚できない男性は、「冥婚」することで結婚ができ、女性の実家から金銭的な援助をもらえることもあるというのです。「健康や仕事などが不調な男性は、運気アップのために、志願して『冥婚』を申し込む人もいるほど。

 

冥婚は「妻」の神秘的な力で、仕事や健康の運気が良くなると信じる人もいるそうです。

 

 

 

拾ったら必ず結婚させられる?

 

 

結論から言うと、そんなことはないみたいです。
拾ったあなたが既婚者であればまず、結婚できませんし、女性の方にも男性選ぶ権利があります。
どうやって選ぶかは、台湾と言えばもちろん! 「占い」です。また、占いの結果女性にとってふさわしくないと判断された場合、その男性はオカネをホンバオに包まなければならないそう。この後に現れる男性との縁組が決まった時のためのものだそうです。

 

 

 

 

 

 

昔と今

 

 

 

 

昔、社会全体が裕福ではなかった頃にはこのホンバオを未婚の男性は争うに奪い合ったそうです。

というのは、その遺族から亡くなった娘の旦那として、土地や金銭が分け与えられるため。

しかし、現代では道端に落ちていても、拾う人はほとんどいないみたいです。(現代はこの風習は薄れてきており、田舎の方にかろうじて残っている風習だそう)

 

 

 

 

 

 

 まとめ

 

 

 

 

いかがでしょうか。私も初めて聞いた時は鳥肌がたちました。

この習慣は中国の漢民族が台湾流入の際に持ち込まれたものとされているので、台湾だけでなく中国でもある風習のようです。

この習慣はすでに都市部ではほとんどみられることなく、田舎農村地区の一部だけにまだこの風習が残っているといわれています。

私は、まだ路上でホンバオを見たことはありませんが、金欠の私が見つけたあかつきには‥…

 

いや、いかんいかん。

そのままにして、縁のある方に拾っていただきましょう。

スポンサードリンク




その他の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です